志し

ふと、思い出したので書いてみる

たまに初心者さんに聞かれることがある

・色々なサーキットで練習した方が良いですか
・自分にはレースはまだ早いです もっと練習した方が良いですよね

その回答については、まずは後輩の話しをしよう

いけぴ~が二十歳そこそこの頃、出会った2歳下の後輩だ

彼は田舎からレースをする為に東京に来ていた

長身の彼がミニバイクに乗ると異様な光景ではあった

秋ヶ瀬サーキットに来た初心者の彼に、コース攻略をしたりした

少しすると、彼は別のコースをメインで走る様になった

その後、久しぶりに会った彼はいけぴ~のレベルを超えていた

 

聞くと、食事代もガソリン代にまわし、血を吐いたりしていたらしい・・・

 

数年後、彼は世界GPにワイルドカード参戦を果たした

その彼が言っていた

「色々なコースを走るより(初心者のうちは)、ひとつのコース

を走り込み、そのコースのエキスパートクラスでレースを

戦えるようになったら、色々なコースに行った方が良いと師匠に教えられた」

まじめな彼はその通りにし、結果的に世界GPにワイルドカード参戦した

レース参戦について

これはいけぴ~の経験と偏見による持論だ

10回練習走行するより、1回レースに出た方が上達する

もちろん、10回練習して1回レースに出るのが一番良いが

時間も金もかかる

本当に初心者の頃は、さすがにいきなりレースは危険かもしれない

しかし、ある程度サーキットを周回できるなら、レースに出た方がうまくなる

 

その理由、わかりますか

 

答えはレースの方が、自分の課題を見つけやすい

 

ダメなところがハッキリと結果に出る

 

 

また、さらに重要なのは、良い師匠に出会う事、

そして、その師匠を常に超える気持ち、疑う気持ちが欠かせない

師匠以下で良い訳がない

 

上はもっともっといる

 

って、いけぴんは、まだまだ底辺だから偉そうな事言えないけど

 

自分より前を走る人は、いつか必ず抜き去るという気持ち

 

気持ちだけは持ってるwww

 

サーキットを走る目的はひとそれぞれ

今回は、レースに出る事が目標の人向けに書いてみた

 

 

 

※写真と記事に関係はございません

—–

コメントを残す